3/25 復活しました。僕は元気でもないです。

2008年03月25日

銀板の世界


uporg1321137.jpg


今フィギュアやってるじゃない。あれってすごく不思議じゃないですか。前から思ってたんだけどすごく不思議。ミキティの顔の話じゃないからね。

なんとかアクセルとか4回転とか、スピンとかさ、めちゃめちゃ回るじゃん。あれが不思議でしょうがないわけですよ。ステップとかはわかりますよ。要はテクニックな訳じゃないですか。詳しくは知らないですけど、エッジの使い方とか音楽に合わせたタイミングとかなんだかんだとあるんだと思います。金の米のCM出てた人もなんだかんだ言ってました。藤井隆もなんだかんだ言ってました。

ステップはわかるんですけど、スピンがね、どういう理屈で回ってるのか全然わからないんです。

スピンてすごく不思議じゃないですか。村主選手の高速スピンとかが有名かと思いますけど、あれって、なんか、上に伸びてたり、腕をぎゅーっとしてるだけじゃないですか。足とか腕とか広げていたのをぎゅーっとしてるだけじゃないですか。僕の言いたいことは伝わっているのでしょうか。

そのね、ぎゅーっで何で速くなるのかと。これが不思議でならないわけです。確かに、チンチンをぎゅーっとすると相応に速くはなったりするんですけど、相応に早濡になったりはするけれど、回りはしません。ビタイチ回らない。それなのに、村主のやつときたらクルクルといとも簡単に高速スピンですよ。ぎゅーだけで。

そこで頭のいい僕は考えました。これはあれだなと。僕が無知なだけなんだなと考えました。

世の中には自分以外の人はみんな知っているのに、自分だけが知らないことなんて山のようにあるのです。なんでも見透かしたような視線で、今夜はギロッポンでメンズのポンチーをギロッポンー!とか言ってる彼女もね、知らないことがたくさんあるわけです。僕がチンチンぎゅーっとすると早濡になるとか知らないわけです。うん、意味わかんないね、ごめん。

まあ、何がいいたいかって、理屈とか以前の問題としてぎゅーっとすると高速スピンするってことが周知の事実だってことです。原理はわからないけど、そうなるんです。僕が知らなかっただけで。

ちょっとだけ賢くなった僕は、やってみました。

きっと高速スピンするのだろうと期待を込めながら、全力で広げた両手と右足を目一杯ぎゅーっとしてみました。朝青龍かってくらい力一杯ぎゅーっとした。これで高速スピン間違いなし。すぐそこの未来には村主も禿げあがるほどの高速スピンが待ってるわけ。


まあ、なんていうか、びっくりするくらい回んねーのな。ぴくりともしない。会社の廊下でバスタオル剥ぎ取られたオニャノコみたいになってたわ。

これはマズいですよ。非常にマズい。何がマズいかって、上司にばっちり見られたことがマズい。やだ、高見盛みたいな顔になってる。

いやあね、わかってましたよ。さすがに僕もわかってました。回んないことくらいわかってましたよ。ただね、夢を追いたかったんですよ。自分の知らないこと、未知の世界、そこへ夢を追いかけたかっただけなんですよ。結果的に仕事を追われるような事態に陥りましたけど。

それくらいフィギュアスケートは不思議なものだと思っているんです。先日行われていたフィギュアスケートの大会で男子の選手が着ていた衣装にこんな言葉が書いてありました。

『勇
 名
 トラ』

全く意味がわからない、不思議で不思議で仕方がない。


posted by natto at 00:00| Comment(45) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

はみ出し王子


というわけで、当初の予想通り「どげんせんといかん」が流行語大賞となり思わずはにかんじゃった僕です。うん、初めて聞いた。

いや、そんなことよりね、サスペンダーがすごいの。サスペンダーがものすごいのよ。いや、サスペンダーがすごいわけじゃなくて、その、なんだ、サスペンダーの勢いがすごいの。いやいやいや、勢いとか言ったらものっすごいビーーン!ってなってるような感じじゃない。そんなんじゃなくてね、まあ、なんていうか、うざいんだ。

サスペンダーってのは、我が部署の部長のことでして、サスペンダーしてないとズボンが落ちちゃうってくらい筋肉マニアがいるんですわ。もうその上腕二等筋なんて「時津風部屋かよっ!」ってくらい隆々。丸太って言うかなんていうか、どことなくビール瓶みたいなそんな感じなんです。

その部長がうざってえ!って話なんですけど、まだ新任の部長なんですね。ここ数ヶ月で部長になったわけ。そんなもんだから、もうノリノリで部署を仕切りまくっちゃうぞーって張り切っちゃってるんですよ。仕事中に「インポ!」とかいってるからね。いや、マジで。「いやー、nattoちゃんさぁ、ベッケンバウアー(別件)だけどさ、インポは?」とかいっちゃうからね。気が振れとるんか、と。

本来なら仕事に新たらしい風が入るってのはいい事で体質を変えるっていう意味ではいいことだと思うんですよ。だけどね、その仕切りっぷり、張り切っちゃってるベクトルがうざい。

何がって飲み会へのモチベーションが異常。それほど回数は多くないんですけど、やるとなったら異常なまでのテンションで臨むんです。そりゃ仕事中に「インポ!」とか叫ぶキチガイですから、飲み会への意気込みもすごいのでしょう。インポとは真逆の方向へギャリック砲ですわ。いや、勝手にね、飲み会を楽しむのはいいんですけどそれを社員に押し付けるな、と。ギャリック砲をこっちに向けるな、と。僕はいいたいわけ。

今回もですね、年明けに新年会をやるらしくてその段取りを先月のうちからもうすでに始めていたんです。まあ、どこの会社でも新年会くらいやるでしょうし珍しくもないことで想定していたことなんですけど、えー、なんていうかね、やりすぎ。やりすぎだから。

新年ボーリング大会。これをやるらしいんです。いいです、いいですよ。やりますよ。ボーリング大好きですよ。Wiiボーリングで250over連発の腕を今こそ見せてやる時ですよ。ただね、ただ、なんで各自自分に馬名を付けなきゃならんのですか。馬名て。

この新年会は総勢35名ほどが参加するんですけど、先日、サスペンダーからファイルがポコッと送られてきてですね、中身を見てみると5人ごとのチームに分かれてるんです。でね、各人の横に番号が振られていて、さらにその横に枠番かついてるわけ。早い話、競馬新聞みたいになってるわけ。

まあ、ボーリング大会を盛り上げようとない知恵絞ったのか知りませんがいいんですけど、何でね、普通に名前じゃダメなのか。

『各自、今週末まで馬名を報告すること』

フォントサイズ14くらいでど真ん中にでーーん、ですよ。明朝体で書いてるんじゃねーよ、ばかやろー。

何が悲しくて自分に馬名つけなきゃいかんのですか。名前じゃダメなんですか。大体、僕らは馬じゃないじゃないですか。

僕はこの会社に入ることになったよってことを両親に報告した時、ああ、あんたもようやくまともになったのね、としんみりされた覚えがあります。蓋を開けてみたらこれですか。自分に「馬名つけろ!」とか言われるわけですか。そのサスペンダーださいよ。

大体ね、そのメールには馬名付ける時の参考としてサスペンダーが考えた例も記載されてたんですけど、そもまたひでーのよ。僕の先輩で色黒で声が大きい人がいるんです。取引先との電話で「ぬおおおおおおおおお!」とか叫んでたりする人がいるんですけど、その人を例に挙げてね、

『参考:過去の馬の名前をもじったりして付けて構いません。
 ○○(先輩)⇒ 大声色黒マックイーン 』


は?

は?ですよ、は?

おそらくはかつての名馬、メジロマックイーンをもじったつもりで本人様は大爆笑なんでしょうけど、微塵も面白くないからね。そもそももじれてないし。「メジロ」をもじって「色黒大声!」とかいってるやつがいたら僕はぶん殴ります。何ももじれてないわ、ねじれてるのはサスペンダーだけだわで最悪なわけです。

挙句、自分の上司に対しても「ねずみ男」って馬名を付けてたからね。何をもじったんだ、こら。言ってみろサスペンダー。


まあ、何が言いたいかっていいますと、この結果、僕は今週末までの3日間で自分の馬名を考えるという課題を背負ったわけなんです。

「ハミダシ王子」とかにしてやろうか、もしくは「サスペンダー」とかにしてやろうかと思っているのですが何かいい案があれば教えてください。


posted by natto at 21:26| Comment(9) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

KY


気がついてみたらもう12月がすぐ目の前にあるわけです。師走ですよ、師走。

大丈夫ですか?皆さんにきちんと師走が行き届いていますか?エイプリルフール辺りで止まってる人いない?こんな毎日嘘に決まっている!なんて嘆いている人いない?受け止めなきゃ、現実を。

やっぱり年の瀬が近づいてくると時が経つのもなんとなく早く感じられるものでついこの間までは「ああ、もう夏も終わりだな・・・」なんて思っていたのに、あっという間の冬到来ですよ。ほんとに秋あった?ってくらいあっという間ですよ。

そんなわけで、僕がひそかにいつ使おうかと暖めていた「時津風部屋かよっ!」っていうツッコみも、あっという間に風化してしまい使うタイミングを逃してしまいました。ごめん、ほんとは使った。3回使った。イガイト ウケタ。オヌヌメ。

時津風部屋が世間を騒がせたのも少し前のこととなってしまいましたが、ほらこの時期になるとアレじゃないですか。アレの季節じゃないですか。流行語大賞の季節じゃないですか。なんだと思いますか?今年一番流行った言葉は。ちなみに今年のノミネートは、

KY(空気が読めない)  産む機械  事務所費  ナントカ還元水  しょうがない  お友達内閣  背水の陣内閣  共生  マダム・スシ  そのまんまショック  (宮崎を)どげんかせんといかん  宮崎のセールスマン  身体検査  姫の虎退治  (消えた)年金  オグシオ  ハニカミ王子  かわいがり  サミング  国民の期待に応えられました  そんなの関係ねぇ  オッパッピー  どんだけぇ〜  欧米か!  ビクトリー/ビリーズブートキャンプ  千の風になって  がばい(旋風)  おしりかじり虫  別に・・・  干物女  格差婚  鈍感力  赤ちゃんポスト  1円○○(1円パチンコ、1円携帯)  鉄子  ミンチ偽装(偽装食肉)  猛暑日  ふるさと納税  モンスターペアレント  闇サイト  ネットカフェ難民  デトックス  カワユス/ギザカワユス  コンプライアンス  金属ドロ  チャイナショック/チャイナフリー  大食い(メガ○○)  フードファイター  ワーキングプア  (核施設の)無能力化  もてぷよ  不都合な真実  大人かわいい  ハケン  工場萌え  炎上  Dice−K  奪回  ハンカチ世代  (一連の)ルー語 


だそうです。かわいがり、て。僕の「時津風部屋かよっ!」とほぼほぼ変わらないんですけど。なんていうか、ニアリーイコールなかんじなんですけど。

大体、毎年思うことなんですけど本当に流行ったのかわかんないような言葉が多すぎると思うんですよ。大人かわいい、て。もてぷよ、て。「あの娘は大人かわいい感じでもてぷよなのぅ」とか聞いたことない。

他にも僕、怒っていることがあるんですよ。ノミネートもされている「どんだけぇ〜」ってあるじゃないですか。あれ、IKKOが使った言葉としてノミネートされているじゃないですか。正直ね、あれ、俺だからね。あのオカマより早く使ったの俺だからね。

いやいやいや、ちょっと待って。「そんなわけねえ。」とか思ってる人いるでしょ。あわよくば「そんなの関係ねえ」とか思ってる人いるでしょ。ちょっと待て、と。マジで言ってるから。2年前くらいに別のブログをやっていたんですけど、その時から、「どんだけだ、と。」を連呼してたから。ワンチャンス、「どんだけだよ」の一言で日記終わってたりしたから。

これね、誰がなんと言おうと僕の方が先に言ったわけだし、かなり早いわけ。なんかすごくがっかりしたし、怒りを覚えたわけです。ああ、パクられた・・・、と。

でもね、同時に思ったんですよ。思ったというか気がついちゃったんですよ。あれ?俺ってクリエイターなんじゃね?って。

振り返ってみれば、「チョー気持ちいい!」とか使いまくってましたし(性的な意味で)、「タマちゃん」なんて言葉で言うだけに留まらずなんか具現化してたような気もする(性的な意味で)。幼少期なんて「重里」って呼ばれてたような気がしないでもないし。

ほらもう、クリエイターすぎるじゃないですか。どこからどうみてもクリエイター。ほとんど糸井。ニアリーイコールで糸井。言葉の魔術師。なんとなくバス釣りに行きたくもなってきた。

いやー、よかったですね、このブログを見ている皆さん。スーパークリエイターがここにいるわけですよ。時代を先取りできちゃうわけです。流行にノリノリですよ。おかげで夜も男に乗りまくっちゃうノリノリガールですよ。でもね、一つだけ教えてあげる。流行はね、乗るものじゃない。創るものだ!

まあ、こんな一人で僕だけが浮かれていても皆さんのポカーンとした馬鹿面がブラウザ越しに見えてくるわけで、所詮ね、誰も信じてないわけですよ。僕のことをクリエイターだとも思ってないでしょうし、「どんだけ」を使ったのは僕の方が先って事も信じていないでしょうし、僕の夜の情事が早いって事も信じていないでしょう。横浜の風やぞ、このやろー。

わかります、わかります。もうすでに流行った言葉を後になってから「あれ俺が言った言葉!」とか言っても全く説得力がないです。誰でも言えます。ハゲてても言えます。

じゃあ、僕がクリエイター、流行語の生みの親であることを証明するために、これから流行するであろう言葉を最後に言いたいと思います。これが3ヵ月後か半年後か1年かはわかりませんが、近い将来に流行すれば、認めてください。

それでは、発表します。










『ブログ、引退』



これ、流行る。


posted by natto at 20:00| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。