3/25 復活しました。僕は元気でもないです。

2006年09月30日

いけないお注射

突然ですが、僕は注射が嫌いです。

献血などはもちろんのことひょっとしたら輸血が必要な状況でも断ってしまうのではないか、というくらい注射が嫌い。もし仮に僕が、この注射を打たないとこのまま死にますよ?ってことになって女医さんに「どうするの?」って聞かれたとしよう。注射をかけて生きるか死ぬかの選択。もちろんこんな選択に駆られたら誰だって悩むだろう。さんざん悩んだ上で、僕は女医さんに注射する。僕の息子を注射する。「へへ、オレっちの物は極太だぜ」といってぶっ刺してやる。もしくはフランスパンぶち込んでやる。それくらい注射が嫌い。

続きを読む
posted by natto at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

センチメンタルフレンズ



小学生の頃、中間くんという同級生がいた。



続きを読む
posted by natto at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 忘却の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

AVのススメ

みなさん疲れてますか?

そうですよね。そうですよね。
みんな疲れてるんです。

続きを読む
posted by natto at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

チョイ悪親父

 岐阜中署は21日、スーパーの店内にガソリンをまいたとして、威力業務妨害の現行犯で岐阜市の無職の男(71)を逮捕した。

 調べでは、男は午後4時20分ごろ、同市芥見南山のスーパーで「火を付けるぞ」などと言って床にガソリン約10リットルをまき、営業を妨害した疑い。酒に酔った状態で、ライターなどは持っておらず、けが人はなかった。

 ホームセンターでポリタンクを購入後、近くのガソリンスタンドでガソリンを買って持ち込んだという。19日に同店でレジに長時間並ばされたことに腹を立てていたといい、同署が詳しい動機を調べている。

ZAKZAK 2006/09/22


続きを読む
posted by natto at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

秋想う夜に

先日、吉野家の牛丼が復活! と話題になりましたね。100万食限定ということもあってか行列が絶えない店舗も多かったとか。

これでも僕は牛丼にはちょっとうるさい方なんです。というのも以前、某牛丼チェーン店でアルバイトをしていたことがあるんです。勤務初日でクレームをつけられ半年間研修時給からあがらなかったり、「やっぱり女は顔よねぇwww」なんて阿修羅マンみたいな顔した女の先輩がいたりといい思い出など皆無なのですが、1年以上は牛丼と戯れてきたのです。

そんな牛丼。
話を聞いて僕も無償に食べたくなりまして食べてきましたよ。松屋で。

それで牛丼はというと、まあ、うん、牛丼。オージービーフをさらにオージーにした感じでこれといって感動はなかったのだけれど、なにやら前方の方がおかしい。さっきから僕の前にある厨房の空気がなにやらおかしい。男2人、女1人の店員がいたのだけれどその内の男1人と女1人の会話を聞いていると、「もうコウジったら働きすぎだぞぉ☆」「う、うるせぇよ。(ハニカミながら)」とか言ってる。二人の態度を見ていると明らかにデキてる。

もうね、なんかイチャついてるんですよ。働きながら。牛丼屋の厨房でイチャつくカップルっていうのもどうかと思いますが、二人の周りの空気が独特のカップル臭さをかもし出しているわけ。

あれ?ハエかな? と思ったら、なんか二人のハートマークだったりするようなピンキーな空気で、「ねえ、この後どうする?」「んー、うち来る?」なんて会話しています。この「うち来る?」は「SEXする?」と同意だと思うんだよね。

「今日のコウジ、チョー働いててチョーかっこよかった」
「アケミも肉の扱いが上手くなってたね」
「そんなことないよ〜。コウジの汁だくマジでヤバイもんね」
「じゃあ、アケミを汁だくにしちゃおうかなっ ガバッ 」
「ああっ・・・・・・」
「おらあっ・・・・・・」
「あいいいいいいいいいいいいいいいいい」
「うらあああああああああああああああああ」

みたいな展開がこの後待ってるに違いないですよ。もう丼肉だか肉便器だかわからないけれど、こんなこと考えてたら牛丼がまずるなるってもんだ。

その後ろでは一人黙々と働く留学生のパクさん。きっと祖国で貧しい環境に育ち、学を得るため日本へと留学してきたパクさん。日本でも奨学金で大学に通っているけど国で待つ家族への仕送りも考えたら生活が厳しいので寝る間も惜しんで働いているパクさん。

二人のことにいらだちながらも、裏で「おい! パク! 店長には黙ってろよ!」と彼氏に凄まれても「アイ。ワタシ何も見てないアルヨ」を懸命に答えているに違いない。がんばれ、がんばれパクさん。味噌汁出すのが異常に遅いけど、がんばれパクさん!

店の自動ドアを出たときに、そういえば俺が働いてたときも女子高生と付き合ってた店長がどっかに飛ばされたことがあったなぁ なんてちょっと昔のことを思い出した秋の夜でした。

posted by natto at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

ミラーマン

僕は鏡を手放さない。
常に身だしなみを気にし、人前に出るときは完璧な自分でありたい。
それが人としての礼儀であり責任だと思っている。

周りの人は僕のことをナルシストだと感じているかもしれない。そう言うと僕が大分顔に自信のある人のように誤解されるかもしれないので言っておくが、実際は全くそんなことはなく自慢できるような顔など持ち合わせてはいない。しかし、そんな自分であっても僕は自分の容姿・格好に気を使って生きているのだ。

「人は見た目が9割」
どこかで聞いたような言葉だがあながちこの言葉は間違っていないと思う。容姿の単純なかっこよさを言っているわけではない。初めて会う人物の第一印象を判断するのに要する時間は0・5秒〜2秒だといわれている。そんな短い時間で自分を判断されてしまうのだ。だからこそ身だしなみを整え、より清潔感を、より聡明感を相手に与えなくてはならない。
だから僕は鏡を手放さない。

過去にも身だしなみが原因でこのようなことがあった。


僕はそれまで特に格好を気にする方でもなく、その日も薄汚れたジーパンに首の草臥れたTシャツ、茶色く汚れたサンダルといったどこから見て金のない学生のような格好をしていた。そんな格好をしてコンビニで買い物がてら立ち読みをしている時だった。。
「私の財布がないっ!」
店の前に止めていた自転車のかごを覗き込みながらおばさんが叫んでいた。どうやら自転車のかごに置き忘れた財布がないらしい。コンビニの店員を呼び出しなんだかんだ声を荒げて説明をしている。自転車のかごなどに財布を忘れる方も大分悪いのではないかと思えたが、自分には関係のないことなのでそのまま買い物を済ませ帰ることにした。そして店を出たところでそのおばさんから信じられない言葉が発せられた。

「あんたが盗ったんじゃないの!? ええ?」

字の如く、我が耳を疑った。何を言っているんだ、このおばさんは? と。
しかし本当に衝撃を受けたのはおばさんが次に口にした言葉だった。

「そんな小汚い格好して! いかにも盗みそうだわ。あんたなんでしょ!?」

このおばさんが僕を泥棒とした根拠が「格好が汚い」これだけの理由だった。
怒りを忘れるほど悔しく、信じられなかった。その後も散々だった。

結局その場では収拾がつかなくなっていたため警察を呼んだのだが、その警察官もおばさんの話を聞きまるで僕を犯人だと決め込んだかのような態度だった。警察に嵌められてるのではないかと逆に疑ったくらいだ。

その時は、もちろん僕が犯人ではないので証拠もないということで疑われただけですんだのだが、店には僕以外にも客はいたのだ。なのに疑われたのは僕だけ。理由は「格好が汚いから」
衝撃だった。


この時から僕は身だしなみを気にするようになった。
暇があれば鏡で自分を見る。異常だと思われるくらい見ているかもしれない。
だがそれでも、僕は鏡を手放さない。

どこで誰が見ているのかわからないのだから。

だから僕は鏡を手放さない―――







続きを読む
posted by natto at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

愛すべき馬鹿

[北京 17日 ロイター] 中国の杭州でパフォーマンスアートを学んでいたドイツ人の美術学生が、世界遺産に登録されている西安の兵馬俑(へいばよう)のある場所に侵入し、兵士の1人に扮(ふん)したものの、すぐに警察に捕まった。
 この男性(26)は16日午後、約2000体の兵馬俑が保管されているくぼみに侵入。自作の軍服を着用し、持参した台の上に立った。
 中国の新華社によると、警察に見つかるまでの数分間、まばたきもせず、そのままじっと立っていたという。
 この男性は、軍服を没収され、杭州に送還された。
(ロイター)

続きを読む
posted by natto at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

はじまりの詩

『ブログのススメ』

こんばんわ、当ブログ管理人nattoです。

一昔前、ブログは注目の中心にいる存在でした。それが今となってはSNSの波に押され始めています。話題に上るのは常にmixiであり、ブログの話題など取り上げられることもなくなりつつあります。かつて一世を風靡したナタデココ、ティラミス。それと同じ位置にいるのが今のブログ。寂しい限りです。

今や日本最大の出会い系サイトとなったmixi。女性でアカウントを取ればわらわらと腐った魚の目をした男どもが群がるわけです。そしてマイミクという名の体のいい『知り合いの知り合い』みたいな存在。所詮は馴れ合いの場でしかないわけです。馴れ合いから舐め合いへの発展を期待しとるわけです。もうね、いい加減目を覚ましなさい、と。

webでの付き合いなどはもっとさばさばしたものでいいはずだと思うのですよ。金を出したらジュポッと一抜きして「お疲れ。」の一言を残して去る淑女。あわよくば幼女。それくらいのさばさば感があるのもでいいと思うんですよ。

なんだか話がそれましたが、早い話が「知り合いに見られたら死ねる」これをテーマとした日記をつらつらと書いていきたいと思い開設した次第です。

調子に乗ってカウンタなど設置したものの、おそらくは毎日自分の足跡でカウンタの数字を上げていく事になるでしょう。きっと誰も見ないでしょう。
いいんですいいんです。
こういった放置プレイも僕の大好物ですのでハァハァしながら更新に励みます。
そしてゆくゆくは数人か数十人か好んで読んでくれる人が現れることを期待しながら、老体に鞭打って更新に励むのです。
鞭とかじゃなくあくまで放置とか羞恥系が好きなんですけどね。


と、まぁ、ここまで読んでくれればテーマの理由も少しはお分かりいただけるかと思います。
何はともあれ、よろしくお願いします。


『えぬじーわあど』(from natto)
posted by natto at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。