3/25 復活しました。僕は元気でもないです。

2006年11月05日

澤テロリズム


中学校のときの友達に、澤君という人がいた。




(ちょっと長い。けど、よく書けたと思う。)

澤君はラグビーをやっていて、ものすごく体格がよく、早い話がデブだった。笑った顔とか朝青龍そっくりだし、給食食べているところを見れば何故かホンジャマカを思い出したものだ。

澤君はプロレスが大好きで、よく彼の家でプロレスのゲームをやったり、武藤や橋本が全盛期だった頃の「新日」や三沢と川田がタッグを組んでいた頃の「全日」のビデオを見たりしていた。特に澤君のお気に入りは小橋健太選手で、小橋の丸太のような二の腕から繰り出される連続チョップのシーンを繰り返し見ては、

「うほ、見ろよ!これ!フガッ うはあ、やべえ!ブヒッ 」

とぶひぶひ鳴いていたものである。

「ラクビー部」「プロレス」「でぶ」という男闘呼組的なファクターを持つ彼からは、デブ特有の汗臭さ、男臭がプンプンしてきそうなものだが、澤君の場合違った。僕の親友で、澤君を共通の友達に持つ人がこんな言葉を残している。

『鼻の穴に鉛筆刺されるより臭い』

もうな、臭いというか匂うとかそんなもんじゃない。ある種の兵器、テロリズムに近いものが間違いなく彼の匂いにはあった。もし初対面の人が澤君と近づくことがあったとしたらきっとこう言う。

「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
 『近づいて挨拶しようと思ったら、いつの間にか鼻が捥げていた』。
 な…何を言っているのかわからねーと思うが、
 俺も何をされたのかわからなかった…
 頭がどうにかなりそうだった…草やだとかウンコだとか、
 そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
 もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」

それくらい臭い。


ただ、彼の場合、体臭が臭いのではなく足の臭いが尋常でないくらい臭かったというのが救いだった。靴や上履きを履いていればいくらか臭いは紛らわせることができた。だから普段の学校生活を過ごしている分には靴か上履きを履いていることがほとんどのため、澤君の足の臭いは隠すことが出来ていた。

しかし、悲劇はコンピュータ室で起こった―――――

僕たちの中学校では技術かなんかの授業の時にパソコンを習う授業があった。当時はまだインターネットの環境も整備されておらず、パソコンを習うといっても簡単な文章入力やコピーアンドペーストの方法などごくごく簡単なものを数時間で習うというもので、学ぶというよりもパソコンに触れるといった感じだった。

そのパソコンが置いてあるのがコンピュータ室。精密機器がおいてあるためかその部屋だけが唯一学校で上履きも禁止されている教室だった。もちろん澤君も例外ではない。普段、貞操帯の如く頑なに脱がなかった上履きを脱ぎ捨てコンピュータ室に入っていった。

結果・・・・・・大!パ!ニ!ッ!ク!

「なんか臭くない・・・・?」
「なんだよ、この臭い 」
「誰かウンコ漏らしたろ!」

ヒソヒソ・・・ヒソヒソ・・・・


教室中で囁かれる「臭い」についての疑問、感想。僕は澤君の隣に座っていたのだけれど、もう明らかに臭い。死んじゃうんじゃないの?ってくらい臭い。どうしようもなくなった僕は用事もないのにやたらと友達の席へいきしばしの休息を取っていたりした。

そのとき澤君はというと、顔面蒼白で手に持つマウスはガタガタと振るえ、絶対に見えてないであろうパソコン画面を呆然と眺めていた。その画面の中でポインタだけが澤君の手の震えにあわせてブルブルと左右に移動しているのだった。


後日、再びコンピュータ室での授業があるがやってきた。僕は、前回の二の舞はごめんだ!と心の底から思っており、前日に「お前は一晩かけて足洗って来い!寝なくてもいいから足を洗え!」と純情な男の子なら次の日から学校来なくなるんじゃないだろうか?というセリフを澤君に浴びせていた。

その日、澤君が登校してくると僕が「お前足洗ったか?」と聞く前に、不適に笑いこう言い放った。

「策は・・・ある 」

まるでゴルゴ。まるで諸葛孔明の如く、不適な笑顔を見せた澤君のその手には『五本指靴下』と『洗剤』が握り締められていた。

「お、お前・・・まさか・・・洗剤で洗うつもりか!?」

「ああ、こいつで洗う。」

「ば、ばかやろう!そんなことしたら・・・・・・そんなことしたら・・・・・足がかぶれちまうぞっ!」

「うるさいっ!いいから付き合え!natto!」

そう言うと僕を引きつれ人気のない洗面所へといった。そこでおもむろに靴下を脱ぎ、これでもか!とばかりに洗剤をぶちかけた。

「ぬおおおおお!ぬるぬるするぅぅぅううう!」

「は、早く洗い流せ!」

「おらああああああああああああ!」

そう。ここは戦場。
己の欠点を洗い流すべく、まるで敵のようにゴシゴシと足を扱く澤君の姿は修羅と化していた。

「おあああああああああああああ!」

今一度雄叫びを上げると澤君はさらに洗剤をかけはじめた。

「ば、ばか!それ以上かけるとお前の足・・・どーかなっちまう!流せ!流すんだ!!」

彼を心配しこう叫ぶ僕に、彼はとんでもないことを告げた。

「いや、洗剤は流さねえ。このまま靴下を履く!」

「お、おま・・・ 」

「うわぁあああああああ・・・洗剤塗った足に靴下・・・き、気持ち悪りぃ・・・ 」


クラスのみんなに迷惑をかけたくない。もうこれ以上自分の醜態を晒したくはない。その想いが澤君をここまで突き動かしたのだろう。そんなみんなの平和を願うべく自分の身体を危険に晒してまで努力する澤君の姿を見て、「うわぁ、こいつバカだな。」と僕は思ったのだった。


と、本来ならばこの澤君の努力のおかげで匂いは無くなり平和に授業を受けることが出来ましたとさ、めでたしめでたし。となるところなんだけれど、残念ながらそうはならなかった。

何故かというと、洗剤を塗られた澤君の足は更なる悪臭を発したからだ。

どういった原理かはわからないが、悪臭を持つ澤君の足と洗剤が化学反応を起こしたのか、はたまた洗剤もかなわないくらいその日の澤君の足がひどい臭いだったのか、上履きを脱いだ途端臭いがスパークした。その日の授業はもはや授業と呼べるものではなく、災害、大惨事だった。

「うわっ!臭い臭い!」

「なんだよこの臭い!くせえええええ!」

「・・・やばい、吐きそう。」

教室中にこだまする阿鼻叫喚。最終的には先生が

「ねずみだ!ねずみの屍骸がどこかにあるはずだ!」

などというものだから、授業が「ねずみの屍骸探し」に変わる始末。そんな中、澤君はというと最終回の明日のジョーみたいになってた。うん、ほとんど死んでた。「豚の死体ならあるよー^^」なんてジョークも言えないくらい深刻な状況に陥り、結局その日を最後に澤君はコンピュータの授業を受けることは無かったのである。

涙なしでは語れないこんな中学生時代の思い出。 


そして、今年の夏、帰省をした僕は久しぶりに中学時代の級友と会うことになった。もちろん、澤君もだ。

居酒屋へと出向いた僕らは店員さんの「座敷にしますか?テーブルにしますか?」という質問に、全力で「テーブルで!テーブルでお願いします!!」と答えていた。その後ろで澤君がその巨体には似合わない小動物のような淋しそうな目をしていたのを僕は見逃さなかった。

そんな澤君を見て、「ああ、ますます朝青龍に似てきたな・・・」と僕は感慨深く思うのでした。

posted by natto at 21:50| Comment(21) | TrackBack(0) | 忘却の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファブリーズとかはどうなんだろう?
当時はまだ無かったけ?
あと、プールの授業とか気になる…
Posted by ロッシュ at 2006年11月05日 22:04
バレー部だった時の自分のサポーターとシューズの臭いを思い出しました!!
Posted by しえ at 2006年11月05日 22:31
普段気を使う人ほど足に汗をかくから、足がくさくなるんだって。だから、足に汗かくひとほどいい人らしいよっ☆

洗剤もむれたら臭くなるっしょ、そりゃ(笑)

まぁなかなか面白かったよ(きみが某ブログに残してた偉そうなコメント笑)
Posted by ハラキリ at 2006年11月05日 22:44
すげぇ。壮絶…。圧巻の一言ですわ。

流石に授業中断するほどのにほひを持った人物とは遭遇したことがない。遭遇しなくていい。
Posted by りんぐ at 2006年11月05日 23:13
その足がなめたいなんてメス豚が結構世の中いるかもしれないね!!
Posted by 肉好き男 at 2006年11月05日 23:24
逆に考えるんだ!
上履きが臭かったと考えるんだ!
Posted by たくろう at 2006年11月05日 23:32
いまの年になってもくさいんですか?ひょっとしたら治ってたかも…
Posted by FD at 2006年11月06日 00:14
爆笑wwww
いやーおもしろかったです。
さすがOBCエース。

ネズミってwwww
Posted by よしだよしこ at 2006年11月06日 12:16
書き込みありがとうございました!

洗剤をつけたまま靴下をはくあたりのくだりが最高ですね!
そして先生のネズミの死骸発言も素晴らしい!!!笑

いいなぁ〜そんなおもしろい人出会ってみたいなぁー、まぁガスマスクを装備の上ですけど。
Posted by 蚊取り閃光 at 2006年11月06日 16:54
ハメ太郎先生は臭い足を舐めるのが好きなんですか?
Posted by ハラキリ at 2006年11月06日 22:40
>ロッシュさん
ファブはまだなかったなぁ
塩素水?みたいな腰まで漬かるやつ
あれが効くんだよ。プールのときは

>しえさん
あれ臭いよね
僕もサッカーしてたからわかる
気絶できる

>ハラキリさん
まあなかなか面白いコメントだと思うよ
足なんて舐めません!
舐めさせるだけです!

>りんぐ君
なかなかいないと思うよ。あんな人は
一回嗅いでおいたほうがいいよ絶対
頭悪くなるけど

>肉好き男さん
そんなの好きなのはあなただけですよ!
僕は鼻フックが好きです!

>たくろうさん
ノンノンノン
上履き「も」臭かった。だよ
マーベラスな匂いがした

>FDさん
いいや!治らないねっ!
もう見てるだけで臭いもん!
デブは臭いもん!

>よしだよしこさん
いやいやいや、僕はベンチウォーマーなんで
エースはいるからいっぱいおっぱい
ねずみは正直どうかと思う

>蚊取り閃光さん
どもです
気が向いたらまたきてくらはい


Posted by natto at 2006年11月06日 23:40
よしだよしこさんのブログから来ました。
よしこさんの面白さに比べたら、面白くても大したことないだろうと期待せずに来ましたが、かなり爆笑してしまいました。

これからもちょいちょい見に来ると思いますが、よろしくお願いします。
Posted by ぶーりん at 2006年11月07日 11:24
>ぶーりんさん
はじめましてです

お褒めの言葉ありがとうございます。

是非またいらしてくださいませ
Posted by natto at 2006年11月07日 21:22
インドからきました。インドカレーの辛さに比べたら辛いと言ってもたいしたことないと思ってたけど、すげぇ辛さだった。またきます
Posted by ハラキリ at 2006年11月08日 01:33
納豆の所から着ました。納豆に比べたらたいした事ないと思ってたけど、nattoでした。またきます。
Posted by 箱助 at 2006年11月08日 05:25
これが『荒らし』ってやつなんでしょうか?
Posted by natto at 2006年11月08日 23:21
あぁ、箱助ってやつは、2ちゃんでも有名な荒しだよ
Posted by ハラキリ at 2006年11月09日 02:35
最近 肌年齢が気になります
Posted by 箱助 at 2006年11月09日 07:17
箱助〈

空気嫁
Posted by ハラキリ at 2006年11月09日 22:19
勝手に遊んでていいよ^^
Posted by natto at 2006年11月09日 23:36
やっほい
Posted by 箱助 at 2006年11月11日 06:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。