3/25 復活しました。僕は元気でもないです。

2007年01月04日

あけおめ2007


正月。

新年が来るたびにやってくるのがお正月。皆さんもこれまでの人生で幾度となく過ごされてきたでしょう。初売りの日にはデパートに行列ができ、テレビは正月仕様のおめでたい特番が組まれる。右を見ても左を見ても「めでたい!」という空気に包まれるのがお正月です。

そんなお正月ですが、「正月」と聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。コタツを囲んでの家族団欒でしょうか。お雑煮やおせち料理でしょうか。それともやっぱりマネーの話、普段は「入れ歯」とか呼ばれているおばあちゃんも年に一度だけ孫に「おばあちゃん!」と呼ばれるという奇跡の時間をもたらすお年玉でしょうか。皆さんもそれぞれの思い出、想いをお持ちかと思います。

僕の過去のお正月を思い出してみますと、例外なく実家でのんびりと過ごしているのです。それで元旦には家族そろって初詣に行くのが例年のお正月の過ごし方なんです。「よーし、そろそろ初詣行くかぁ」なんて父親が言ってるところにですね、「ちゃんと朝ごはん食べてからいきましょうよ」なんて母親が朝ごはんを運んでくるわけです。

ほら、もう新年も明けましたし一年の1発目の食事ですからね、そりゃママンだって力が入るってもんですよ。僕もだし巻き玉子ですとか黒豆とか大好きなんでおせち料理は大好物なんですが、こうですね、母親がパタパタとお盆に朝ごはんを載せてやってくるのです。

いや、それがな、どっからどう見てもトーストとコーヒー。僕としても「食事ってレベルじゃねーぞ!!」とか喚き散らしたいところなんですけど、それを見た父親が今にも「うぬの力はそんなものか…?」とか言い出しそうな世紀末覇者みたいな顔してるからぐっと堪えました。これまでの正月の朝をいくら思い出してもトーストとコーヒーが朝ごはんだった。欧米か。


さてさて、そんな嬉しい楽しいお正月。今年はどこのおせち料理食べようかしらーなんて思ってるそこの豚。彼女と姫初めでもしようかなーなんて思ってるそこの包茎。うかれんな。

いいですか、浮かれちゃ駄目なんですよ!

何故か世間というものはお正月となれば楽しい、嬉しい、で何でもOKというような風潮があります。これは非常に危ない。そんなことを思ってるから隣の爺さんが餅を詰まらせて死に寸なんてことになるんです。毎年毎年、餅をのどに詰まらせてるんじゃない。

爺さんといえばですね、数年前に僕が実家でのほほんと新年のニュースを見ているときに衝撃的なニュースが飛び込んできたんです。ほら、よく雪の季節になると「雪かきをしていた男性が屋根から落ち・・・・」っていうニュースがあるかと思うんですが、それををやっていたんですよね。「雪かきをしていた男性が・・・・」と、これもまた毎年のことですから僕としても「ああ、またか。」ってな感じで見てたんですが、そのニュースを良く聞いてみるとどうやら様子がおかしい。こんなことを言ってたんです。

「昨夜未明、雪かきをしていた80歳の男性が屋根から落下し死亡しました。屋根から落下した男性は近くを流れていた側溝へはまり、その後病院へと搬送されましたが死亡しました。なお、死因は溺死でした。」


な ぜ 溺 れ る。

そんなね、笑いようにも不謹慎すぎる!みたいなことはどうでもいいとして、お正月に浮かれるのは危険だという話です。

『一年の計は元旦にあり』

こんな言葉がありますね。まさにこの言葉が全てを表しているのです。

新年を迎えれば去年のことが清算されるかのように思っている人もいるかもしれません。どちらかというと、そう思っている人のほうが多いかもしれない。しかしですよ、そんなことは決してないのです。大晦日であれ、元旦であれ、昨日の自分は明日の自分へと繋がっているのです。正月だからといって浮かれてはいけない。しっかりと気を引き締めて、新たな一年のスタートを切らなければならないのです。

そんな元旦なんですけれども、今年僕は例年通り実家で過ごしてきました。大晦日に年越し蕎麦を食べて除夜の鐘を聞いて眠りにつき、迎えた元旦ですよ。起きてみると両親とももうすでに起きていてですね、二人で何やらやっている。洗面所のほうでギャーギャーわめいてる。おやおや、元旦から離婚調停ですかな?なんてとびきりクールなことを考えていたらですね、どうやら父親の髪を切っているようでした。


「新年だから髪を切れ!」

「どこを切るのよッ!」

「整えるんだよ!後ろとか!」

「ないない!後ろも前もどこにも切るところないっ!」

「え、えりあしとかあるだろ!」

「ないー!ないないー!はげぇぇえええええ!」


わっはっは、面白い夫婦だ。
そんなことを思いながら初詣へと出かけるために僕は朝食のトーストをかじるのでした。

失敗したなぁ・・・
元旦なのになぁ・・・
スタートに失敗したなぁ・・・

人生のなッ!!


というわけで2007年、1発目の日記でした。
末筆ながら、本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

natto




posted by natto at 22:35| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

僕はお餅があまり好きではないので(喉に詰まらせるから)毎年正月になると多少鬱はいります。特に朝。

やっぱり朝は、トーストだね!
Posted by りんぐ at 2007年01月05日 00:25
いやー、nattoさん無茶苦茶面白いじゃないですか。ぼかぁびっくりこきましたよ。
これだけの文章を短いサイクルで書ける生産力が恐ろしいですわ。
僕なんて書く時間はあっても物凄い迷い筆ですからね、気がつけばオナニーしてるしもう最悪です。
これからも応援してるので頑張って下さい。
Posted by なかよし at 2007年01月05日 01:17
natto様の将来像(ヘヤースタイル)が見えてくるようですこと。
日本の新年といえば、トーストとコーヒーですわね。
我が家は雑煮ですが。

今年もよろしくお願いいたします。
Posted by ojousama at 2007年01月05日 12:32
natto様の将来像(ヘヤースタイル)が見えてくるようですこと。
日本の新年といえば、トーストとコーヒーですわね。
我が家は雑煮ですが。

今年もよろしくお願いいたします。
Posted by ojousama at 2007年01月05日 12:34
あけましてHappyですか?
nattoサン お帰りー 今日から仕事?おつかれさまデス
natto家のお正月は楽しそおデスね
今年もよろしくお願いしマス♪
Posted by なみ at 2007年01月05日 12:55
気ィイイイイイがぁあああああ狂いぃいいそぉおおう!!(ナナナナナナナ♪)
新年あけましておめでとう。これも将来的には
「お父さん、はげまして・・あ、間違えた、あけましておめでとう」
なんてベタなボケをかまされるのかな・・・なんて思う今日の僕さ・・・遺伝子。
Posted by ハラキリ at 2007年01月05日 16:03
微笑ましいご夫婦ですね。
おみくじはひきましたか?私は末吉でした。ぶっちゃけどう思います?
今年も頑張って下さい。
Posted by あさひ at 2007年01月05日 17:49
>りんぐさん
いやいやいや、餅が嫌いな意味がわからないですよ。
のどに詰まらせるなんて将来危ないじゃないか。
まあ、朝はやっぱりクロックムッシュだよね。

>なかよしさん
とんでもございません。
なかよしさんのおもしろいじゃないですか。
ほんとに。
僕もひっそり見てますよ、これからも。

>ojousama
本当にね、それをいうと僕はシュンとなっちゃいますから。
アンタッチャブルですから。

こちらこそ宜しくです。

>なみさん
全然ハッピーじゃありません。
筋肉痛がひどいです。
まあ、姪や甥がいたから楽しかったよ。
マジでかわいいのね、こども。

>ハラキリさん
最初の一文で大分壊れてる感じがするよね。
壊れかけのradioだよね。
今のうちから慣れるのがいいと思うよ、はげ。
はーげー

>あさひさん
僕は大凶を引いて以来おみくじが怖いのです。
どう思います?って末吉がですか?
それは一番やっちゃいけない、引いちゃいけないところだと思います。
喜べないわ、ネタにもならないわで心にグサッと来る人品ですよ。
ぷぎゃー
Posted by natto at 2007年01月06日 00:48
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

お正月を満喫してらして羨ましいですわ!!
Posted by しえ at 2007年01月06日 07:42
>しえさん
あけま

満喫ってほど満喫してないですのよ。
ただただ酒を飲む毎日だったのよ。
Posted by natto at 2007年01月07日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。