3/25 復活しました。僕は元気でもないです。

2006年12月28日

ベストバウト


ベストバウトという言葉があります。ベストバウトというのは、一般的にプロレスや格闘技の世界で使われる言葉かと思いますが、数多く行われた試合、その中でもひときわ輝きを放つまさにナンバー1の試合、それをベストバウトというのです。

しかし、バウトという表現はしっくりこないかもしれないけれど、なにも格闘技に限ったことではないのです。スポーツ等の試合は当然ですし、スポーツみたいなセックスも当然。友人とのちょっとした会話にだってベストバウトと呼べるものがあるだろう。

僕のベストバウトは何だったろうか。。。サッカー県大会決勝でハットトリックを決め優勝へと導いたあの試合だろうか。それとも、倒れても倒れても何度でも立ち上がり不死鳥のごとく甦ったあのバウト、かつてないほどのラウンド数にまでのぼりまさに死闘を演じた、あのアキちゃんとの熱い夜だろうか。アキちゃん絶倫! とまあ、ベストバウトと呼ぶにふさわしい数多くの思い出があります。

ブログにしたってそう。思いがけずよく書けたエントリ、日々書きためたものの中でもひときわ輝きを放つエントリというのがあるんです。そう、あなたのブログにもベストバウトと呼べるエントリが必ず存在するのです。

僕が愛してやまないブログ、我が師として崇め奉っているブログがあります。

wakuueの美学


それがこの二つのブログ。

どちらも超シュールな笑いを届けてくれるブログ。あれ?サンタさんがきたのかな?って思ったら、檜だった。wakuuueだった。そんなブログです。喬木もですね、「先輩の足、青首大根みたいですよ。」とか言ってシュールな空気を出してみたつもりだったけどそんなものは到底及ばない。そんあ笑いを届けてくれます。

ちなみにそのお二方のブログの中で、僕のベストバウトがこれ。

wakuueさん→ベストバウト
のりしろさん→ベストバウト

僕はこれを目指して日々ブログk\を書いてるわけです。

何でまた僕がこんなことを書いたのかというと、僕が見ているブログを知ってもらいたいというのもあるけれど、その他に、僕が帰省をするので更新が途絶えますよー。ってことなんです。
僕が留守の間子のお師匠さんたちがきっとすばらしいベストバウト、曙VSボビーに負けないくらいのバウトを見せてくれると思いますのでそちらを見ていただきたいと思ったからなんです。

絶対面白いので、過去ログとか漁りにあさって欲しいところかと思います。


それでは、皆さんよいお年を。。。


※除夜のテキスト祭のテキストもあわせて載せておきますので、そちらもお楽しみ頂ければ幸いです。

―――――――――――――――――

除夜の鐘。

恥ずかしながら僕は人生において除夜の鐘というものを撞いたことはないのです。いや、鐘を撞いたことはありますよ。それこそ、目一杯に振りかぶって「町中に俺の音を!」なんて野心を持って狂ったようにゴンゴン撞きまくったこともありますし、またある時は、ターザンのようにあの棒に付いてる紐にぶら下がってですね、アアアアアアアーッ!とかやったこともあります。絶対、天国に行けない。

そんなこれまで幾度となく鐘で遊んで、もとい、鐘を撞いてきた僕なんですけど、大晦日に撞く除夜の鐘というものは未だに撞いたことはないのです。これはいかん、と。僕は思うわけです。除夜の鐘というのはご存じのように煩悩を打ち払うために鳴らすものなのです。それをやらずに一年を終える。これはいかんですよ。

人間には二通りの人間がいるんです。除夜の鐘を鳴らす人と鳴らさない人。この二通りの人間しかいないんです。きっとですね、クリスマスに、

「たけしのツリー・・・たくましいわ」

「りさのシャンパンもおいしいよ。」

「もうっ、たけしったらー」

「ほら、りさの栓、開けるよ」

「ぴぎぃぃぃいいいいい!」

みたいなことになってるカップル、さらには大晦日に『108ピストンでイク!』とかわけわかんない設定でですね、除夜の鐘プレイだかなんだか知りませんけど年越しファックに勤しむカップル、そういう人たちは前年に除夜の鐘を鳴らして煩悩を打ち払い、新たな一年を迎えることができたからそういった幸せな時間を持つことができるんです。鐘のみならずおまんこを突いているんです。おいおい、変態すぎるぞ。なんだよ、108ピストンて。欧米か。

思い返してみればですね、そう、あれは中学生の時でした。僕は来る日も来る日もサッカーに明け暮れるサッカー小僧だったんです。そして中学3年の最後の大会、僕らは県大会の決勝まで勝ち残ることができたのですが、その決勝というのは勝てば全国大会、負ければお終いという、引退を賭けた一戦だったのです。

その決勝の後半も終盤へ差し掛かった頃、僕らのチームは0−1で負けているという状況。このままでは引退してしまう!1点取れば延長がある!というそんなどうしても1点が欲しい状況で、僕の右足からあがった最高のセンタリング。まさにベッカムのような綺麗な弧を描き、キーパーも取れない絶妙な場所へと繰り出されたボールはピンポイントでエースの高野君の下へ!

あとは高野君が頭で無人のゴールへと流し込めば同点となるだけだったのだけど、なんかさ、高野君が、頭もげるんじゃないの?みたいな、どう見ても欲張りすぎ、がんばりすぎのヘディングをかましやがりまして、見事にボールは明後日の方向へ。僕らはみんな怒り心頭ですよ。「なんであんなヘディングしたんだよ!」「ただ当てればよかっただけだろ!」そしたら、高野君は、「いや、急にボールが来たからさ。」とかぬかしやがりましてね。びっくりしましたよ。まさか僕も数年後のW杯を見て、あ!デジャブ!とか思うとは思いませんでした。

そんな高野君はですね、きっと除夜の鐘を鳴らさなかったからあのシュートを決めることができなかったんです。

その他にも、大学の受験で失敗したこと、父親が禿げあがったこと、多くの悲しい出来事がありました。これらは除夜の鐘を鳴らさなかったことに原因があるんです。

あの時、除夜の鐘を鳴らしていれば優勝できていたかもしれないし、大学に受かっていたかもしれない。親父だってロン毛だった。そうなっていたと思うんですよ。それが鐘を突かなかったばっかりに試合に負けたばかりか親父に至ってはゲーハーですよ。この間、実家に帰ったとき、風呂上がりの親父見たら、なんか、電撃ネットワークみたいになってた。薄いってレベルじゃねーぞ!!

それくらいですね、煩悩を打ち払うってのは重要なことなんです。だからこそ僕は、今年こそ除夜の鐘を鳴らそう!と心に誓っているんです。では、どうやって鐘を鳴らすべきか。そりゃ、一年の煩悩を打ち払うべく、一年に一度きりの一大イベントですから、そう気軽な気持ちで臨んではいけません。

わー! かねー! つくー! ごーん! たーまやー!

こんなんじゃね、打ち払えるものも打ち払えないって話ですよ。それなりの気概を持って鐘を突かねばなりません。あの棒についてる綱をぎゅっと握り締めてですね、一年の不甲斐無かった自分への想い、部長死ね!なんて想いを込めて力の限り鐘をつくべきなんです。それこそ、ケンシロウにでもなったかのように筋肉をモコモコにして撃ちつけるべきなんです。

そして気持ちの面でも煩悩を絶対に消し去るんだ!という強い想い、それを前面に押し出していかなければなりません。声とか出てしまうかもしれない。むしろ、声が出て呵るべきでしょう。「うおおおおおお!」とか「ああああああああ!」とか「どんなもんじゃーーーい!」とか人それぞれ違うと思いますが構わないんです。

そういった熱い想いを乗せて、「町中に俺の音よ、響け!」とですね、力のあらん限りを持って鐘を撞く。撞いて撞いて撞きまくってやろうと思ってるんです。

あっ!これだと天国に行けない!

とかなんとか思っている今日この頃。これを書いているのは12月18日PM9:30なのですが、煩悩とかなんとかいってるけれど、今一番心をとらわれているのは間違いなく『除夜のテキスト祭』(締め切りが12月18日)ということに気がつきましたので、その煩悩を打ち払うべくですね、もうこれくらいでお終い!読者中に俺の想い、届け!と熱い想いを感じたところで〆させていただきます。

みなさんも今年の大晦日には鐘を撞きに行かれてはどうでしょうか。将来禿げないためにも。


―――――――――――――――――

posted by natto at 12:30| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベストバウトって単語を初めて聞きました。体感したいです。セックスで。

除夜の鐘なんて鳴らしたことないんですけど不幸の原因はこれなんですかね?今年は叩こうかな…。ガキ使にしようかな…。

Posted by りんぐ at 2006年12月29日 08:51
>りんぐさん
いろいろ言葉の食い違いがあるよね。
せ、世代の差か。。。

今年くらいは鳴らしときなさい。
受験なんだろう?
と警鐘を鳴らしてみます。
Posted by natto at 2006年12月29日 11:49
帰省するんだぁ・・・ イイなぁ・・・
更新が途絶える、て帰ってくるんだよね!?
帰省して射精して反省して更生して帰ってくるんだよね!?
お父サマの頭がどのくらいのレベルに達しているのかが気になりマスね
今年はありがとおございました♪ よいお年をお迎えください
Posted by なみ at 2006年12月30日 02:08
俺の目指すぶろぐは、うちのリンクから「あばれはちまん」です、見にいってみてちょ
Posted by ハラキリ at 2006年12月30日 02:52
俺が目指すのはあれです。
働かなくても美味しいもの食べたり
できる人達です。

では来年にまた会いましょー
Posted by 箱助 at 2006年12月31日 09:10
>なみさん
旧年はありがとうございました。
本年も宜しくです。
まあ、一瞬このまま帰ってこなくてもいいかなーなんて思ったりしちゃいましたけど、戻ってきちゃいました。

>ハラキリさん
たまにみてるよ。
面白いなって思ったような気がするよ。

>箱助さん
あ、それ僕もなりたいです。
主夫でいいです。
玉の輿のりたーい

本年もよろです。
Posted by natto at 2007年01月04日 22:53
シャイなので、コメントが一段落つくまで書けませんでした。ありがとうございました。訪問者は、年末年始の影響もあって人自体そんなに来なくて増えたのかどうかわからないという感じになりました。あと、どうも僕の書くものは読むのが面倒くさいんじゃないかと思って自分でガッカリしています。
nattoさんの文章みて思うのは、饒舌だなあ、ってことです。いい意味で。あの、テキストサイト特有の無意識なパクりと大仰さが無いのが凄くいいと思います。
Posted by のりしろ at 2007年01月05日 03:51
>のりしろさん
なんか申し訳ないです。
たいした紹介も出来ず。。。
僕のブログなんて8割がたパクリの成分でできてますよ。
のりしろ産のブログは、あれな時は感じる。
結構長い文章なのに1段落の時とかに「え?」って感じます。
Posted by natto at 2007年01月06日 00:40
bout〔名〕 (ボクシング・レスリング・フェンシングの)一試合.
ボクシング・レスリング・フェンシング以外には用いない。
Posted by 言語学者 at 2012年01月04日 21:50
運命ってことば信じてる?私は信じてる。言葉にすると乙女過ぎて笑えるけどそういう感覚ってない?「あっ、この人と結婚するな」とか相手との結婚生活のビジョンが見えたり。そういうのって運命ってことじゃないかなぁって私は思ってる。だから一期一会大事にしていくつもり
Posted by 出 会 い at 2012年01月19日 02:31
完全素人娘限定!写メ付き直メ付き!しかも無料!上手にやり取りすれば相手に困る事のない潤った生活が約束されます!清楚系からGAL系まであなたが今一番遊びたい子と仲良くなって下さいね★
Posted by Love Search at 2012年02月16日 02:43
あなたのそれ高く売れるの知ってますか?旬なそれには惜しみなく報酬を出すんですよ★
Posted by かほりのTTP狩り at 2012年03月06日 03:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。