3/25 復活しました。僕は元気でもないです。

2007年01月21日

会社へリターン

〓〓〓〓〓[〓.JPG

僕の日課といえば夜な夜なお気に入りのブログだのニュースサイトだのポータルサイトだのカリビアンドットコムだのを巡ること、砕けた言い方をすればネットサーフィンなんですよ。そういったネットサーフィンをしているとですね、今世の中ではどのようなことにスポットが当たっているのか、ネット上ではどのようなことが流行っているのかってのが見えてくるんです。

最近何かと話題をまいている「2ちゃんねる」。1000万人ともいわれるユーザー数を誇っていることもあり、ネット上で流行ったりよく使われる言葉っていうのは大体が2ちゃんねるで生まれた言葉だったり、広められたものだったりするんです。

それで、最近よく見かけるAAが冒頭のAAです。これの元ネタは、あの北野たけし監督の映画『キッズ・リターン』なんですよね。

(あらすじ)
シンジとマサルの2人は高校時代の友人。ヤクザに憧れるマサルはケンカに強くなろうとシンジを誘ってボクシングジムに入る。しかし、認められたのはシンジであり、けんか気分の抜けないマサルはジムを飛び出して、ヤクザの世界へと足を踏み入れる。
それぞれの世界で、彼らは大人の醜さと彼ら自身の未熟さを思い知ることになる。一方で、高校時代彼らにバカにされながら、漫才をやっていた同級生は着実に認められていく。シンジとマサルが自転車で校庭をグルグル回るシーンは、青年期の無意味さと切なさがあふれる秀逸なシーンである。


この作品の中でシンジとマサルが校庭を自転車でぐるぐる回りながら

シンジ「なぁ、俺たち・・・終わっちゃったのかな・・・」
マサル「まだはじまっちゃいねえよ」

と言う名シーンがあるんです。

この名シーンが時を経て今、ネット上でよく使われるようになっている、と。言葉ではうまく説明できないですけど、このシーンっていうのはすごくいいシーンなんです。僕がこの映画を見たのは高校生くらいだと思いますが、その頃の、青春時代の切なさっていうのが綺麗に表現されていますし、とにかくかっこいいシーンなんです。

それで、このシーンを演じているのが、安藤政信(シンジ)と金子賢(マサル)なんですよ。

金子賢といえば、俳優業から格闘家へと転進はかり、昨年大晦日「Dynamite」でボビーの弟と対戦してボロ負けしていました。なんだろうね、ボビーの弟って。格闘家になって初戦の所英男戦で負けたのはわかります。仕方がないですよ。なんたって相手はガチンコの格闘家ですし、実力もあります。それに比べて今回は、ボビーの弟。そりゃあねえぜ、金子さんよぉ。

ただでさえ負けてはいけないプロ第2戦目ですよ。「俳優が格闘だぁ?格闘技を舐めんじゃねーぞ!」って思ってるやつらをガツンと言わせるためにも負けちゃならん第2戦目なんですよ。それを普通に負けちゃったからね。しかも相手は格闘家ですらないからね。ボビーの弟だからね。ボビーですらないからね。

僕は悲しいわけですよ。キッズ・リターンの頃のかっこよかった金子さんはどこへ行ってしまったのだろう、と。あの時は、ボクシングでシンジに追い越されてしまったと感じたらしゃにむに自分の道を探して突っ走っていたじゃないですか。それが、本当の意味で「どこの馬の骨かもわからない奴」(ボビーの弟)にボッコボコですよ。もうこんな調子じゃあれじゃないか。曙の母親とかにオファー出すしかないじゃないか!と、僭越ながら大晦日に僕は思ったのでした。

今の金子さんに、「なぁ、金子・・・終わっちゃったのかなぁ・・・」って問いかけたら、なんて返してくれるんだろう。あの頃のように、ちょっとだけやさぐれて、希望に満ち溢れた声で、答えてくれるかなぁ・・・。「まだはじまってもいねえよ!」って答えてくれるかなぁ・・・。まあ、そんなこと言ったらぶん殴るけど。メリケンサックはめて「いい!加減に!さと!れよ!ばか!ニダ!」って殴打するけど。

とまあ、こんな感じで『「俺たち終っちゃったのかな」「まだはじまってもいねえよ」のガイドライン』をお送りしたわけなんですけど、そんなことを言ってる僕がですね、先日、会社、終っちゃいました。

ええ、ええ。先週の木曜日に会社を辞めてきました。会社を辞めるってあんな感じなんだなぁ、としみじみ感じた先週末。そんな怒涛のウィークエンドを振り返ってみましょうか。正直、X-Japan唄うしかない。

まあまあ、退社すること自体はいたって普通な感じでして、お菓子持って社員の人とかに挨拶行ってね、「ありがとうございました。お世話になりました。またどこかで。。。ウルウル」と心にもないことをほざき合うわけ。だけどその後からがおかしかった。普通に業務をこなしているとなかなか暇な時間ってのは生まれなかったりするじゃないですか。そんなもんだからデスクの片付けが一切できていなかったんですよ。就業時間を過ぎてもデスクが全然片付かない、仕事もまだある、みたいな状態だったんですけど、ほら、送別会ですか?あれを開いてもらったんですよ。恐縮ですけど。さすがに僕の送別会で僕が参加しないってのも不味いんで、参加せざるを得なかったんです。それで結局デスクも片付けずに退社したんわけなんです。

送別会なんて、それぞれが心の底をひた隠して飲み交わしてるわけなんですけど、まあ、最後ですし楽しく飲みましたよ。餞別として同期から「湯たんぽ」とか、お前、頭ゆだってんじゃねーの?って感じのプレゼントも頂きましたし、ええ、楽しみました。

そこで終わってればよかった。送別会まででよかった。その後、上司とかに引きつられて2軒目、3軒目・・・となりまして最終的にサウナにお泊り。どこもかしこもおっさんばかりの、寝屁とかするおっさんばかりのサウナに行かされまして、そんなの寝れたもんじゃないじゃないですか。ただでさえ僕なんて女の子が横にいないと眠れないタチなんで、舘ヒロシみたいな男なんで、当然、徹夜になるわけですよ。

そんな絶望的な状態で迎えた金曜日の朝。早く帰って寝よう、と着替えてたなんですけど、ここでいろんなことに気がついたよね。会社の携帯を返却してないこととか、通信費を清算してないこととか、デスク片付けてないこととか、デスクの引き出しには判子置きっぱなし、それどころか自分のもの何も持ってきてない!って。

まさかの出勤ですよ。退社した次の日にまさかの出勤。ありえないですよ。タイムカード押してやろうかと思ったね。出勤してきた総務のおばさんがポカーンとしてた。ダッチワイフかと思った。それでデスクの片づけしてですね、大量の荷物を持ってですね、帰路についたわけです。

しかしながら、家に帰ってもまだ寝ることができない。なぜなら色んな手続きが僕を待っているから。金曜日を逃せば、次にできるのは週明けの月曜日。旅に出ようと思っている僕はぜったにこの金曜日を逃してはいけないのです。そのために、寝てない、二日酔いで気持ち悪いという状態であちこち奔走したわけですよ。

その上、金曜の夜からは肉好き男さんが名古屋から来るということで、アキバに繰り出しですね、メイド居酒屋、コスプレバーとかに行って次の日の昼までドンちゃん騒ぎ。もうドンちゃんビタ押して「ドーン!」って言わせるしかないような状態にまでなったわけですよ。まあ、ドンちゃん騒ぎとか言っても、2日目の朝方はみんな死人みたいな顔してたけど。この様子は肉好き男さんがラジオで公開してくれるかもしれません。後悔したくない人は聞かない方がいいよ(^^)

そんなこんなでようやく眠りにつけたのが土曜日の昼14時。木曜日の朝9時以来の睡眠ですよ。ほとんど50時間ぶりの睡眠ですからね。途中サウナで寝た2時間とか、漫喫で寝た2時間とか除けば50時間以上起きてるわけですよ。正直ですね、あんなに布団がありがたいと思ったことはなかった。あんなに気持ちがいいものだとは思わなかった。湯たんぽも暖かい。湯たんぽサイコー!とか思って眠りにつき、目を覚ましたのが日曜の午前10時。20時間睡眠、本当におめでとうございます。

Oh!もう有給消化3日終っちゃってるYO!

やばいですよ。これはやばい。こんな生活してたらあっという間に有給消化、夢のひと時が終ってしまいますよ。

僕はですね、ここまで23年間生きてきて思っていることがあるんです。人間には2種類の人間がいる、と。「有給消化をする人間」と「しない人間」。世の中にはこの2種類の人間しかいないのです。

俗に、人生でもっとも自由な時間は学生の時だといいます。それは僕もそうだと思っています。しかしですね、その時間に匹敵するほどフリーダムな時間っていうのがこの「有給消化」だと思うのです。

一つの会社に生涯勤めあげる人には決して味わうことの出来ない時間。ましてや、フリーターやニートといった時間だけはあるけれど、その不安定な生活では心が落ち着かない、そんな精神状態では決して味わうことができない時間。そんな夢の詰まった、選ばれし者のみが味わうことの出来る時間、それが有給消化なんです。

ただの有給とは違う。その後待っている仕事のことを気にしながら消化する通常の有給とはまた違うものなんですよ。辞める会社の子とは気にしなくていい、次の会社に求めるのは希望だけ。こういった状況で迎えるのが有給消化。

絶対にこの貴重な時間を無駄にしてはいけないんですよ!



「なあ、有給消化・・・・終っちゃったのかなあ・・・」

「まだはじまってもねえよ。次の仕事は2月からだよ!」


ってことで、これからの毎日は充実した日々を送りたい!と固く誓った有給消化3日目の夜なのでした。うん、完全に有給始まってる。





posted by natto at 21:09| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2月まで有給消化ですわね!
お楽しみあそばせ!
あと二日くらいしたら何もすることが無いという状態になりますことよwww


50時間も起きていたnatto様すごい。
Posted by ojousama at 2007年01月21日 23:01
はわわ、次のお仕事はなにやるんすか??
Posted by ムトウ at 2007年01月22日 00:46
会社辞めれたんだね おつかれ様デシタ
さっさと辞めてずっと更新しててよ、て思ってたよ(笑)
今日から@日D回くらい?
イイなぁ・・・有休ショーカ・・・イイなぁ
どっか行くの?
Posted by なみ at 2007年01月22日 04:19
私も転職考えてます〜
でも今の所は有給休暇無いから…
nattoさんが羨ましいわ!
遊び過ぎて体調崩さないようにお気をつけて(^O^)/
Posted by shie at 2007年01月22日 07:59
おつかれ♪

会社辞めちゃったけど、シーサ先輩との関係も終わっちゃったの?

natto君ならきっと、
「まだはじまってもいねえよ。」
って答えてくれるよね♪

まぁ、そう答えてくれなかったらメリケンサックはめて
「いい!加減に!さと!れよ!ばか!ニダ!」って殴打するけどw

Posted by Hasssy at 2007年01月22日 07:59
まさか…そんな状態だったとは…お疲れ様です。しかも昼までって(笑)まだいったのね。さすがです、しずかに燃える炎のような男っす。家康以前の日本の首都でいやされてきてください。
Posted by ハラキリ at 2007年01月22日 11:58
>ojousama
まあ、過去に70時間ってこともありましたしね。死ぬよね、そのうち。
もう暇だと感じ始めてる今日この頃です。

>ムトウさん
はわわ、内緒です!
まあ、あれですわ。金融ですわ。

>なみさん
会社よりブログが大事なのかよwww
まあ、どっかいきます。
明日くらいには西の方へと旅立ちます。

>しえさん
もうすでに昼夜逆転生活を満喫してます。
しえさんの職場もなかなか大変そうだよね。
僕より身体壊すんじゃないかと心配ですよ。

>Hasssyさん
あざーっす。

いやいや、まだはじまってもいねえよ。
はじまりもしねえけどな!

次の職場とあの人の家が近いのが困る。

>ハラキリさん
そうなんすよ。童貞の野郎がですね、あの後大変だったんすよ。
おっす!
いってきます!
Posted by natto at 2007年01月22日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31846971

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。