3/25 復活しました。僕は元気でもないです。

2007年08月01日

パンダと金魚


パンダ金魚ってなんだろう。

最近の僕の心を鷲掴みしていることといえばこれなんですよ。いや、わかります。わかりますよ。今、「は?」って思ってるでしょ。その気持ちよくわかります。でもね、パンダ金魚に心をとらわれて仕方がない。

誰でも小さい頃の記憶でやたら鮮明に覚えてることってあると思うんです。その頃のほかの記憶は思い出せなくても、それだけはまるで機能のことのように覚えてる、そういうのってあると思うんですよね。

そう、思い出せば小学1年生の頃でした。それくらいの年だと鼻水垂らしながら「うんこーうんこー」とか言ってる年齢でして、僕はといえばそれを眺めながら「くそガキどもめっ」と窓際で吐き捨てるような少年だったのでした。そして今では会社で窓際族をやっています。がっはっは、全然、笑え、ない。

いや、そのくらいの年のことなんて正直あんまり記憶にないんですよ。須貝くんが入学式でランドセルの重みに耐え切れず夢遊病者みたいになっていたことだったり、ゆうや君が下校中に野ぐそをしているところを女子に見られて自殺しそうになっていたこととか、そういったところどころ覚えてるだけなんですよ。その中でも鮮明に覚えてるのが、冒頭に言ったパンダ金魚。

ググってもらえばわかるんですけど実際にパンダ金魚っていう種類の金魚はいるんです。ですけど、それ全く関係ないから。微塵も関係ない。じゃあ、僕にとってのパンダ金魚とは何か。歌なんですよ、歌。

「ぱんだ〜きん〜ぎょー ぱんだーきんぎょー」

こういうの。なんだこれ。

僕の小学校は運動会で低学年はダンスをやってたんです。まあ、ダンスといっても小学1年生とか2年生なんて精子に毛の生えたような奴らにたいしたダンスも出来るわけもなく、フォークダンス的なお遊戯みたいなものだったんです。それのBGMがパンダ金魚。

ちょっと教師呼んで来い。

いやさ、パンダ金魚っていう曲があるのはいいですよ。それはいい。だけどね、教師はね、何を思ってこの選曲をしたのかと。トラウマですよ、トラウマ。ニ短調みたいなくらい曲ですよ、知らないけど。そんなものをBGMにしてねダンスを踊らされる小学1年生。おかしいじゃないですか。

親御さんもね、子供の運動会を楽しみにしてきてるわけですよ。うちの息子はどんな活躍をするのかな、うちの娘はどんなことをするのかな。そんな期待を胸に見に来てるわけです。それで見せられるのがパンダ金魚。「ぱんだーきんぎょー」に合わせて両手ひらひらさせちゃってるからね。僕が親だったら泣く。泣いた上で教師のおっぱいを揉む。乳首もげるまで揉みしだく。

そんなセンチメンタルなワンフレーズを胸に抱きながらここ数日生活しているわけです。そりゃ死にたくもなるわな。


posted by natto at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

オタクカイドウ



ほら、僕ってば全然オタクじゃないじゃないですか。オタクとかとは程遠いところに煌々として存在してるのが僕じゃないですか。

でもですね、世の中ではここ数年、やれアキバ系だのオタクだのってのが流行ってるじゃないですか。前々からこのブログでも幾度となく登場してきている東さん。顔面のことを言うと非常に心苦しいんですけど、なんていうかもう、一言で言えば「限界」。ギリギリ過ぎてギリギリアウトみたいになってる。マグニチュードでいえばM8.0、震度は7で、壊滅状態。6-4-2でゲッツー!的な絶望的な方なんですけど、その人もどうやらオタクらしいんです。

こんなね、僕は一切負ける要素がない、どこを比較しても完封勝ちだよって奴なのにですよ、オタクという要素では負けているのです。いわば流行についていけてないわけですよ。これはイカン、と。大変遺憾だと。そう思った次第なんです。

ではオタクになるためにはどうすればいいか。オタクだとかマニアってのは一朝一夕で出来上がるものではなく小さなフェチの積み上げで形成されていくものだと思います。しかし僕にはそんな時間もなければ忍耐力もないわけ。オナニーだって30秒あれば十分ですわ。

そんな僕が手っ取り早くお宅を目指すに当たって選んだ道は、「2ちゃんねる」。これ。

ほら、オタクと言えば2ちゃんねる。2ちゃんねると言えばファミコンをやるときのチャンネルってくらい2ちゃんねるはオタクどものメッカじゃないですか。そこに潜入すれば僕も立派なオタクになるわけですよ!うひょー!フィギュア握り締めちゃうもんね!

というわけで、2ちゃんねるに行ってみたんですけど、前にも述べたように僕は全くオタクじゃないですからね。右も左も分からないわけですよ。電車男だのなんだのと前知識は多少あるもののそんなのがどこでやってるかわからないわけ。だからね、とりあえず前段階で持ってる知識である電車男をね、捜してみることにしました。

ドラマでチラッと見ただけですけど、電車男に出てくる人たちって愛情に溢れてるんでしょ?優しさとかで出来てるような人なんでしょ?さすがに突然異境の地へと足を踏み入れてね、「死ね」とかいわれたら本当に死んじゃうかもしれないじゃないですか。

ってことで、「運輸・交通」板へといってみました。

まあ、最初に結論から言うとね、完璧間違ったよね。絶対ここに電車男とかいない。いる気配も無い。【山口県の運送会社その2】とかね、知るかと。

でもこの板で学んだことが一つあります。今のオタクたちの流行が見えました。流行っている言葉が分かりました。なんだかんだいっても言葉の流行って結構重要ですからね。いまだに年末近くもなれば流行語大賞とか騒ぐくらいです。流行の言葉をしっかりキャッチするってことはとっても重要なんですよ。ほら、みなさんも今のオタクに何が流行っているかとかよくわかんないでしょう?僕が教えてあげましょう。先取りですよ、先取り。時代を先取りニューパワーですよ。

いや、あいつらな、必死で何かを上げてるのよ。

「あげ!」とか言ってね、めっちゃあげてるの。もう文脈とかね、話の流れとかぶった切って「あげ!」。コレがすごく流行ってる。どこにいってもみんな上げてるからね。何かは知らないけど。

あともう一つはね、「ほす」。これも比較的よく使われてますね。特にあまり書き込みがないようなスレッドで見かけます。ずーっと書込みがないスレッドなのに夜中の3時とかにいきなり「ほす」とか書き込まれてるんですよ。どんだけシュールやねん、と。

ほら、これでね皆さんもオタクの領域へと一歩足を踏み入れたってことを書こうと思ってここでもう書くのを諦めました。なんかね、久しぶりに日記なんかを書いてみたはいいものの、全くといっていい程書けなくなってましてね、読み返す気力も全くないです。あ、今死にたくなりました。

というわけで、今回はネタ日記を書こうとしたところで終わってしまいましたが、次回はリハビリ日記をお送りする予定です。


posted by natto at 23:06| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

松方の閉め方


いやいや、チャックあげすぎあげすぎ、あげすぎだから、それ。

皆さんは何を言っているのか分からないでしょうけど、あげすぎなんですよ。チャックをあげすぎなんですよ。もう思いっきりあげてるわけ。これでもかってくらい力のあらん限りにあげるのよ。なんでやねん。

詳細を説明しますと、僕は職場のビルにあるトイレにいったんですよ。そしたら、先客がおりまして、小便器で用を足してたんですね。まあ、そんなことはよくあることですので何も驚くことはなく、僕も当たり前のように隣の小便器へと歩み寄ったんです。それで僕が便器の前についてこれからまさに大放水。ちょっとくらいの火事ならば消し去ってくれるわ、がっはっは〜とばかりにおしっこしようとしたんです。ちょうどその時にその人が用を足し終えたところのようで、パンツの中にモノを収めたり、シャツとかをごそごそやったりしてたんですね。見た感じ50歳は当にすぎてるようなおじさんなのに、チラリと見えたパンツの柄が象さんなのはどーかと思ったりもしたんですけど、それ以上にね、チャックのあげっぷりに度肝を抜かれたわけですよ。

え?チャックぶっこ抜こうとしてるんじゃないの?ってくらいにあげるの。いやいや閉まってるから、お願いだからもう止めてあげてって気持ちになるくらいなのよ。もう全然意味がわかんない。なぜかカジキ釣り連想しちゃったからね。リールを回しながら竿を引き上げてる姿が見えたからね。いや、竿は確かに見えてたけれども。とりあえず足の開きと踏ん張り方が尋常じゃねーわけ。なにざブートキャンプだよ。

その場に居合わせたのが全くの他人で顔も知らない僕だったからよかったものの、知り合いだったりしたら大変ですよ。それも取引先のお偉いさんとたまたまその場に居合わせてしまったりしたらどーするつもりなのか、と。「おやおや社長、偶然でございますな。・・・では、私目は先に失礼致します。」と何食わぬ顔しながら、ギューーーン!とかチャックあげるつもりか。破談ですよ、破談。チャックを閉めたと思ったら、店も閉まるってことになるわ。

そんな姿を目の当たりにして、気がついたら用も足さずに便器の前でチンコをもろんと出してただただポカーンとしている自分がいました。やだ、恥ずかしいくらいシュールだわ。

そんな他人の見てはいけない事情といいますか、特性を見てしまいましてね、物珍しさのあまりトイレから出たらすかさず近くにいた同僚に、「さっきね!トイレにね!松方弘樹がね!いたの!カジキをね!釣ってたの!」って話をしちゃいました。

興奮のあまり気がつかなかったのですが、後ろを見てみるとさっきのおじさんが思いっきり立っておられまして、完璧話を聞かれていました。もうばつが悪いというか、松方が変なギャグ飛ばした時の空気みたいになっちゃいまして、そっとお口のチャックを閉めたのでした。



posted by natto at 23:00| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。