3/25 復活しました。僕は元気でもないです。

2007年05月31日

嘯くココロ



ステーキ見て『かわいい!』ってどういうことやねん。かわいいて。

いやね、人の感情なんてのは人それぞれなんでどう思おうと構わないと思うんです。タッキーがかっこいいと思うのもいいですし、もこみちをカッコイイと思うのもいいですし、陣内をカッコイイと思う紀香は気が振れてると僕が思うのもいいと思うんですよ。

いや、でもね、ちょっと待て、と。ちょっと待ってくれよ、と。ステーキがかわいいて。どこをどう見たらかわいいという感情が生まれてくるのかてんでわからないわけです。それも、「やだー!!ちょーかわいい!」とか言ってめちゃ興奮しとるんですよ。ちょちょっと待ってくれよ、落ち着かせてくれよ。80年代風に言えばビフテキですよ、ビフテキ。それをかわいいなんていっていいもんじゃないです。英語で言えば、「This steak is so cute!!」ですよ。黙れ、ファッキンジャップ。

そんな違和感を感じながら僕は、はて、と気がついたのです。


女は信用できない。


決まって、ステーキ見て「かわいい!」とかほざくのは女なわけ。「見て見てー、このフィレ!マジ、かわいくない?」 腐ってる。脳が腐っとりますよ。どう考えても思ってないじゃないですか。かわいいなんて微塵も思ってないじゃないですか。それをね、平然と「かわいい」と言い放てる。感情偽造行為ですわ。

例えばね、なんちゃらキャンディーズのシズちゃん。彼女のことを「かわいい」って言うじゃないですか。そろいも揃って「えー、かわいいよねー」とか言うじゃないですか。微塵も思ってないじゃないですか。どの口が言うか、と。下の口か、と。フランスパンぶっこむぞ、このやろー。

「えー、本当に思ってるよー。めっちゃかわいいよー」

じゃあ、チェンジできますか?シズちゃんの顔とチェンジして人生やり直す券があったら使いますか?使えよ。使いなよ。かわいいと思ってるんなら思う存分使えばいいじゃない。あ、こら、レシートと一緒に捨てるなよ!

それに比べて男は思ったことを直球で言いますからね、大体は。少なくともステーキをかわいいとか言いませんからね。かわいくないと思ったら問答無用で「チャンジ!」って言い放ちますからね。チェンジ=ブスってことですから、ものすごく素直だと思うんですよ。相手の娘がね、例え、幼い頃に父親を亡くし、母の手一つで育てられたのだけれどその母親も病に倒れ入院中。その手術代を稼ぐために身体を捧げてまで仕事をしてるの・・・。ってな女の子だったとしても、二酸化窒素かってくらいの冷たさで「チェンジ」って言い放ちますからね。まあ、どちらが優しさがあるのかというと難しい話なのですが、やはり嘘をつくことは罪なことだと思うんです。

そんなことを感じつつ仕事に励んでいたのですが、斜め前に座るキドってるのか、キチガってるのか紙一重の先輩がね、例の如く、チョコレートみながら「かわいい!」とかほざいてるわけです。食べたと思ったら「おもしろーい」とかいっとるわけ。完全にイっとるわけ。俺の方が面白いわ。

そんな空気に嫌気が差してね、タバコでも吸いにいこうかとドアを開けたのですが、偶然そこに例のメタボな新人さんが立ってまして、ステーキみたいな腹をベルトの上に乗せながら立っておりまして、きっと女どもはこんなのでもかわいいとか言っちゃうんだろうなぁ・・・と思うと、やっぱり女って怖いと改めて感じさせたれたのでした。



「チェンジ。」



posted by natto at 20:52| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

食わず嫌い


嫌いなものがあるってのは不幸なことだ。

前々から僕はこう思っているんです。好き嫌いが激しい人、食わず嫌いなものがある人、こういう人っていうのは不幸な人だと思うんです。だってそうじゃないですか。嫌いなものがあるっていうことは、他の人が楽しめてるものを楽しめないってことなんです。選択肢が単純に減っているわけです。

極端な話、パンとチンコ以外はどれもこれも嫌い!ってな22歳女子大学生がいたとしたらですよ、毎日毎日、朝はパンを食べて昼からはもうタカシのチンコですよ。パン、チンコ、チンコのローテーションですよ。たまにローテーションにローション加えつつですよ。加えつつ、咥えつつですよ。ラッパーか。

まあ、僕は好き嫌いってはあんまりない方でして、食わず嫌い王にもし出るとしたら何を嫌いなものとして出そうかものすごく悩んじゃったりしてます。好きなものはあれとこれと、これで(小指を立てながら)とすぐに頭に浮かんできて、お土産まで決まっているっていうのに、嫌いなものってのがなかなか決まらないってくらい嫌いな食べ物がないんです。柿とメロンは嫌い。あ、キウイも。

そんな『嫌いなものがあるのは不幸論』ですが、これって食べ物だけじゃなく他のことにも言えると思うんです。スポーツだろうと、勉強の科目だろうと、もちろん、人間だろうと。

あの人も嫌い、この人も嫌いってなると不都合なことが多くなってくるもんです。あの人なら知ってるけど嫌いだから・・・あの人に聞きたいことがあるけど嫌いだから・・・ そんなことばかりだと大変になってくるってもんです。だから僕はできるだけ、人のことを好きになろうと、好きになれなくても、嫌いにはならないでおこうと常々思っているのです。

そんな話をね、会社の人と話していたんですけど、ふと隣から圧迫感を感じたんですよね。なんか黒い影っていうか、暑苦しいっていうか、ビリーでもいるんじゃねえの?って空気を感じたんです。それでふと隣を見てみると、どう見ても熊殺しとかの異名を持っているであろう女性が鎮座しておられました。体の幅とか尋常じゃない。軽く僕の3倍くらいあるからね、いや、マジで。腕とかビリーより太い。

食わず嫌いとは程遠くてなんでも飲み込みそうなこのお方。なんでこんなところにいるのでしょう。ここは会社ですからね。しかも僕の会社て社内の人間以外では運送関係のひとか清掃関係の人が入るくらいで外部の人間ってのは全く来ないんです。セキュリティは万全なんですよ。

なのに隣にいるは、モンスターハンターのブルファンゴ(ちょーでかい猪)みたいな女。てんで意味がわからない状況なのですが、とりあえず、保全のためにも声をかけてみることにしました。


「あ、あの・・・・何用でしょうか?」

「あ、今日から入社しました森と申します!よろしくお願いします!」


・・・・・いや、あのね、最近人がやたらと増えてるんですけど、いや、それはいいんですけど、なんでね、なんでやたらとデブが多いんですか。なんでデブの女が多いんですか。この間はいってきた奴だって、「メタボ!メタボゥ!」とか叫ぶキチガイですよ。そのすぐさま後にこれですか。

聞くところによるとこの森さん、昔は砲丸投げの選手だったとか。ほほぅ、砲丸投げですか。砲丸投げねぇ。じゃあ、もし僕が下手なこと言っちゃったりしたら、僕の厚顔くらいは一ひねりですわな!がっはっは。
全 然 笑 え な い。


「砲丸投げで国体に出ました!力が自慢です!」


ヴィクトリー!!!



僕、人事部長が嫌いです。ものすごく嫌いです。女の子はか弱いほうが好きです。

posted by natto at 22:19| Comment(7) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

命の価値は


ふと気がついてみれば以前に比べて更新頻度が格段に悪くなっている今日この頃です。5月病です。前はガリガリ更新していたんですけど、もう最近ではネタっぽいことも書くことができず日記が限界ってところで、めっきり、めっさり、あわよくばペッサリーって状態で更新が滞っています。

とは言うものの、僕はいたって元気でして特に怪我をしているわけでもなければ病気をしているわけでもない。悩み事といえばあと100年生きられるかどうか不安だわ・・・ってくらいのもんで、かなり健康状態良好なんです。

それなのに、僕の更新状況が悪いもんだから心配してくれてですね、「どうしたんですか〜><大丈夫ですか?心配です・・・」なんて涙が出そうなメールを送ってくれる方が人っ子一人いねーわけで、そんな僕などに価値があるのか、と。こんなカスブログやってる意味があるのか、と。生きてる意味があるのか、と。いったい僕の価値はいくらほどなのでしょうか。

何でまたこんなことを言ってるのかといいますと、生命保険のね、勧誘を受けたんですよ。

ほら、今は5月ですし、新卒で入社した人はそろそろ研修期間も終了して営業の人は外に出始めたりする時期だったりするじゃないですか。生保業界も多分に漏れずそのようで、少し前にうっかり取ってしまった受付の電話が勧誘の人が来社していかけていた電話だったんです。

それでまあ、しぶしぶ出て行ってみるとですね、なんというか、可愛らしいのよ。初々しいっていうか、新卒で慣れていないからなんでしょうけど、ちょっとおどおどしながら一生懸命話すわけ。そんな子から、「話だけでも!お願いします!」とか言われたらそりゃ聞いちゃいたくなるってもんですよ。普段僕の周りに座ってる「御社のポリシーはなんですか!?」とか廃れた営業どもとは違うわけ。

それじゃあ、また日を改めてってことになったんですが、その日が今日だったわけです。社会人になってまだ間もない子が一生懸命頑張ってる姿とか素敵じゃないですか。話を聞くくらいいいじゃないですか。おじさん張り切っちゃおうかな!って感じにもなりまして、おじさんの息子さんも張り切っちゃおうかな!って感じにもなってたわけ。

生保レディーなんてアダルトビデオでは鉄板のテーマみたいな感があるじゃないですか。枕営業とでもいうんでしょうか。新卒で入社したはいいものの全く数字が上げられない。もうどうしようもない。辞めたいけど・・・・・・こうなったら・・・・・そこで、あんなことやこんなことが巻き起こったりするわけですよ。あんな子がそんなことまで!ってことになったりするわけ。ああ、そんなとこまで!ってなるわけ。マンディのマンディにマンディが!みたいなことになるわけ。(ラジオ聴いた人だけにしかわからない)じゅる。じゅばじゅば。ズババババ。

そんなわけで、ワクワクしながら来社を待っていたわけなんですけど、新卒ってこともあってか先輩社員を引き連れてやってきたんですよ。


すげーのな。すげーのがきた。


どう見ても地球に優しくないっていうか、空気読めっていうか、いい加減にしてくださいっていうか、お願いですからやめてくださいっていうか、どこから逃げてきたの?っていうのがきた。もう「こんにちわ」とか似合わなくて、「PIGYAAAAAーーー!!」とかの方がしっくりくる。そんな感じの奴がやってきたんです。

仮にゴンザレスとしますけど、そのゴンザレスがひどいんですわ。素直に恐い。笑顔が死ぬほど似合わない。クァパァと口を開くその姿にガタガタと打ち震えるほかない状態でして、そんな奴にね、「今のうちに保険に入っておかないと危ないですよ。この先いつ危険が待ち受けてるかわからないんですよ!」とか言われてもね、いやいやいや、今が危険だから、食われそうだから、としか言えないわけで、言ったら言ったで本当に食われちゃうわけで。ゴンザレスのお腹がぐぅ〜って鳴った時はマジでドキドキした。

そんなことがあって、命のありがたみってのを久しぶりに実感し、せっかくの機会だし生命保険に入ることも考えてみるか、って気持ちにもなったりしたんですが、どうやら僕が今死んでも2000万くらいしか出ないようです。即ち僕の命の価値は2000万。うん、死にたい!

生命保険の勧誘を受けて死にたくなるっていう摩訶不思議アドベンチャーな感じの一日をすg・・・・あ!思い出した!ピッコロ大魔王に似てる!そうそう!それそれ!すっきりした!!!

明日も頑張って生きようかと思います。

posted by natto at 23:03| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。